アサヒナ指圧鍼灸院 筋膜リリース研究所 8motion.net

 経絡指圧 / Zen shiatsu についての簡単な説明

 経絡指圧とは、東洋医学で使われている気の流れる
ライン(経絡)を指圧の手技に応用した療法です。

増永静人氏(故人)が従来の指圧から東洋医学の理論
を基にして体系づけた独特な指圧法になります。

日本国内よりも、海外での方が Zen Shistsu と呼ばれ、
東洋思想に憧れを持つ治療師によって、北米、ヨーロッ
パなどで広く行われております。

ここでは、気/エネルギーの流れと健康について簡単
に考えて行こうと思います。

 

 まず、始めに気/エネルギーの流れるライン(経絡)について考えてみましょう。
左図は、ハーフスケルトンの経絡と5行説の臓腑の関係を簡単に表した人体図
になります。*増永式の経絡図とは違います。

基本的な東洋医学では、正経12経脈に任脈と督脈を入れて14経絡として説明
している本が多いのですが、増永式の経絡指圧では正経の12経絡を使いカラダ
を流れている気/エネルギーの流れを調整します。

経絡指圧では、五行説も使用されていませんが、気/エネルギーの循環を考える
のに必要なので左図には入れてみました。

気/エネルギーの流れと経絡の関係は、すでに他のページで説明しているので
省略しますが、12本のライン(経絡)を流れている気/エネルギーの過不足が
健康に影響し、そのバランスの崩れが病気の原因として東洋医学では、古来より
考えられていました。

話をもとに戻して、気/エナルギーの循環について考えてみましょう。
12本のライン(経絡)は、人体を左右対称に流れていてカラダの内側で関連した
臓腑につながっています。*臓腑の説明は省略します。

その臓腑は、五臓六腑と言われて5つのカテゴリーに分けられています。
カラダの内側の臓腑の気/エネルギーがカラダの外側の12本のライン(経絡)
を循環しているので、経絡を流れる気/エネルギーの過不足を経絡指圧で調整
すると自然治癒力が働きやすくなり、その結果として健康になると考えています。
左図は、経絡指圧で使われている腹証の図を簡単に描いたものです。
12経絡に対応した12箇所の診断部位になります。*左右対称の処あり

東洋医学といえば思いつくのが漢方薬や針灸治療ですよね。漢方や針灸では、
手首の脈を診る診断法の脈診が主流ですが、経絡指圧では切診といわれる
技法でお腹や背中の12経絡に対応した部位の気/エネルギーの過不足を診断
して、即治療が行われてしまいます。

指圧は、もともと診断即治療と言われ、診断と治療がワンセットで同時に行われる
療法なので、経絡を使った気/エネルギーの調整の経絡指圧にも応用されたよう
です。
経絡指圧の具体的な気/エネルギーの調整法は、陰陽両手操法と言わ
れる両手を使った調整法が特徴です。

左図のように両手を使って気/エナルギーの流れを調整します。
片方の手を動かさない(陰)で下腹部を支えて、もう一方の手で足の経絡
を手掌圧(陽)しながら気/エネルギーの流れを良くしていきます。

専門的には、虚実を補瀉する東洋医学的な技法になりますが、ここでは
簡単な説明をこころがけているので、もっと興味のある方は参考文献を読
んでみてください。 *左下が専門書で右下が一般向けになります。
以上の簡単な説明では、わかりづらいと思いますが気/
エネルギーがカラダの内側と外側を循環しているんだな
と思うことぐらいは出来ますね。

その気/エネルギーの循環がスムーズなら健康で、どこか
で滞ると不健康になり、もとに戻らなければ病気になると
いうことです。

東洋医学的にみると気/エネルギーの流れを良くするのに
漢方薬や針灸治療などもありますが、病気までならない
状態の未病では、手当て(経絡指圧)が一番安全で身近
な健康法だと思います。




カラダのゆがみと筋緊張 施術案内 HOME
                  Copyright © 2004 アサヒナ指圧鍼灸院/筋膜リリース研究所