アサヒナ指圧鍼灸院 筋膜リリース研究所 8motion.net

 頭蓋仙骨システムと指圧療法について

 人体の中心にあり生命力の元になる脳脊髄に関係する、頭蓋仙骨システムと
指圧療法について考えていきたいと思います。

頭蓋仙骨システムとは、頭蓋骨から背骨の中を通りお尻部分にある仙骨に至る
までの脳と脊髄を包むチューブ状の膜(硬膜)システムのことをいいます。

硬膜の中に脳脊髄液と言われる液体があり、その中に脳と脊髄(中枢神経)が
浮かんでいるといわれています。

頭蓋仙骨システムは、1分間に約10回のサイクルで波動していています。
この波動は、わずか15グラムの力を加えると停止することがサルを使った実験で
証明されています。
                 *詳しい説明を知りたい方は、参考図書(右側)をお勧めします。

強い力が加わると停止する頭蓋仙骨システムと指圧との関係は、接点がない
ように思いますが、医学博士 加藤普佐次郎著 「指圧療法原理」 のなかに
脳脊髄と硬膜に関係した部分がありました。 


古い本なので絶版になっておりますが、気になった部分なので私の解釈で考え
てみたいと思います。 *「指圧療法原理」 初版は、昭和38年になります。


加藤博士による説明で一番納得したことは、「脳と脊髄を
別々に考える人があるが、脳脊髄は一つのものであり
不可分の一体である。どこにも分かれた所はなく、
頭の大きなうなぎの如きものであり、それが硬膜という
袋に包まれていて、骨で出来ている管の内に住んで生き
ていると理解しなければならない」と書かれていました。


頭蓋仙骨治療では、硬膜のことをオタマジャクシにたとえて
います。頭蓋骨側から見るとオタマジャクシのように見えて
背骨側から見ると頭の大きなうなぎになるのは、おもしろい
と思います。日米の見方の違いかも?

加藤博士は、大正6年(1917)の日本神経学会総会での発表で
「脳脊髄硬膜の内容積の変化」について述べております。


ここで、頭蓋仙骨システムと指圧療法について考える前に、
解剖学の復習をしたいと思います。

右の写真は、腰椎の模型です。この模型は、骨と椎間板と
脊髄神経の関係を学ぶために出来ているので、筋肉や靭帯
そして、脊髄を包んでいる硬膜も見ることは出来ません。

この模型は、椎骨の矯正を学ぶのには良いモノですが、筋膜
や靭帯などの軟部組織に対しての手技を学ぶのには、省略し
ているものが多いと思います。

腰椎の関節運動を学ぶのには、最適な模型です。



 <3交連腰椎モデル>
頭蓋仙骨システムと指圧の関係を簡単に説明いたします。

左図は、頭蓋骨や背骨、神経などを省略した頭蓋仙骨シス
テムの硬膜と親指のイラストです。

背部の指圧による押して、離す動作は、頭蓋仙骨システムを
間接的に加圧と減圧を起こします。

加藤博士は、「
脳脊髄の他力による体操であり、頭蓋脊椎
管腔はその型を変化しつつその内容積を変化し、従ってその
内にある液体の流出流入を促進する」と述べています。



◇ まとめ

上記の説明では、何を言いたいのか少しわかりづらいので、整理してみたい
と思います。

「指圧療法原理」の中にあった、加藤博士の文章は当時のノイローゼに対する
指圧療法について述べていたものです。
大正5年から8年(1916〜1919)にかけて行われた研究結果などをとおして、
指圧療法が脳脊髄に対して影響を与えるということを報告されています。

ここで説明した指圧は、頭蓋仙骨システムの波動に対してのアプローチではなく、
脳脊髄硬膜に対しての新陳代謝を促進する作用を述べたものです。

簡単に言えば、頭の大きなうなぎの寝床を刺激して元気にするということです。

加藤博士は、「脳脊髄は洗濯機で洗濯されるごとく流体内に動揺し、従って
脳脊髄の実質である細胞は、脳脊髄液の内に老廃物を廃出し有用物を摂取
する機会を増大することとなる」と書かれていました。

脳脊髄に影響を与える部位として、上頚部の指圧の重要性を述べています。

簡単な説明になりましたが、おなじ指圧をするにも身体の深部システムを意識
してするのでは、治療効果が大分変わってくると思います。


* 頭蓋仙骨治療についての説明は、こちらのページになります。



この本は、最新の解剖
知見による脳脊髄液の
循環メカニズムと鍼灸
指圧の刺激との関係が
書かれた章もあり、参考
になります。


カラダのゆがみと筋緊張 施術案内 HOME
                   Copyright © 2004 アサヒナ指圧鍼灸院/筋膜リリース研究所