アサヒナ指圧鍼灸院 筋膜リリース研究所 8motion.net

 筋筋膜性疼痛について

 身体(筋肉)の痛みのメカニズムについてシンプルに考えて
みたいと思います。

ここでは、打撲などによる急性期の炎症性の痛みやケガなど
による外傷性の痛み、悪性の腫瘍による疼痛などではない、
いわゆる身体の痛みについてです。

身体の痛みと言われても漠然としているので、腰痛などの腰
の筋肉や肩こりなどの肩の筋肉の部分が感じる痛みを考えて
みてください。

筋筋膜性疼痛というと難しく思いますが、筋筋膜というのは
簡単にいうと筋肉のことです。筋肉と包んでいる膜が筋膜なの
で、筋肉と筋膜はセットで働いています。
だから、筋肉の部分の痛みが筋筋膜性疼痛ということになり
ます。
もう少し専門的にみると、一つの筋肉の痛みが筋膜のつながりを通して他の筋肉に
痛みの信号が広がって、広い範囲に痛みを感じる場合があります。
それは、トリガーポイントによる痛みと言われてます。

では、痛みのメカニズムを下記のイラストを見ながら考えてみましょう。


  中枢神経系
  (脳と脊髄)

 痛いと感じるには、感じるためのセンサーが身体に備わっています。
それは、身体に張り巡らされている末梢神経系の知覚神経といわれる神経です。

知覚神経の先端にある侵害受容器というセンサーが発痛物質やモノがぶつかるなどの
機械的な刺激を感知して、痛みの信号を背骨の中を通る中枢神経系の脊髄から脳に
伝えます。

その信号を感知した脳の感覚中枢が痛いと感じるのです。
腰の痛みは、脳が腰が痛いと感知しているのです。たとえば棒で足を叩かれたとすると
叩かれた場所から入力された痛みの信号が脳に伝わり、痛たたたた・・・。となります。
その時、とっさに足を引っこめる動きは脊椎反射による筋肉の収縮です。

ところが、なかなか治らない慢性の痛みなどになると筋肉の中にトリガーポイントと呼ば
れる痛みの引き金になるコリが出来てしまっているのです。
トリガーポイントの説明

そして、もうひとつ厄介なのがストレス(怒り、不安など)による痛みの悪循環です。
脳がわずかな刺激に過剰に反応するようになり、条件反射が起こり痛みが慢性化して
しまいます。

詳しい説明は省略しますが、筋筋膜性の痛みから解放されるには、筋肉の組織の血流
を改善して酸素欠乏を解消するのと、痛みの元になるトリガーポイントを解消すること
です。

そして、脳をリラックスすることが重要になります。ストレスケアの方法は、いろいろある
ので自分の性格にあった方法を試してみることをお勧めします。

*上記の内容は、加茂整形外科医院のHPにある「痛みの悪循環アニメ」を参考にしました。
  医学的な詳しい説明を知りたい方は、加茂整形外科医院のHPをご覧下さい。





カラダのゆがみと筋緊張 施術案内 HOME
                    Copyright © 2004 アサヒナ指圧鍼灸院/筋膜リリース研究所