アサヒナ指圧鍼灸院 筋膜リリース研究所 8motion.net

 肩の歪みと腕のむくみについて
 

 肩が前に出るゆがみと腕のむくみについて考えてみよう
と思います。よく見かける歪みで肩が前方に出っ張って、
腕が横から見て少し「く」の字になって見える人がいます。

よく使う方の腕の筋肉が緊張して、筋肉の収縮した状態
が続くと肩と腕がゆがんできてしまうときがあります。
長時間パソコンを使っていて、肘を曲げてマウスを動かし
ているだけでも筋肉は低い緊張状態がつづき疲労してき
ます。

筋肉が疲労して伸び縮みが悪くなり、硬くなってくると少し
づつ骨格が歪んできてしまいます。筋肉や筋膜の短縮よる
歪みって、ケガや事故で歪むのと違って少しづつ歪んでくる
から、自分で自覚するまでに時間がかかるし、自覚してから
では筋肉の状態が悪くなっているので、自分でストレッチ
してもなかなか改善しないときがあります。

まず、肩と腕のゆがみについて、簡単なイラストを使って
説明していきます。

 肩こりのひどい人は、首から肩にかけての筋肉のコリが気になって
しまい、肩が前に出っ張っていることに気がつかないことがあります。

人間はつらい症状が一番に感じてしまうので、コリや痛みがひどいと
ゆがみは二の次になり、そのまま年を取っていってしまう人もいるで
しょう。

でも、あまり小さいことを気にするのも神経質すぎるけど、あまり構わない
のも鈍感すぎるので、肩と腕のゆがみとむくみの関係について簡単に考え
てみました。

左図は、胸部の筋肉が緊張して鎖骨と上腕骨が前方に引っ張られている
状態を描いています。肩が前に出ている人は鎖骨ラインが前にズレて腕の
骨の上部が前に傾くので肩幅が縮んで、首の筋肉の緊張ひどいと首も短く
見えるときもあります。
                  *イラストは鎖骨を見えやすくするために首は長めにしてます。

 つぎに横から見て腕が少しまがって見えることについて
考えてみましょう。

胸部の筋肉が緊張して肩が前に出てしまうと、結果として
バランスと保つために少し腕が曲がってしまいます。

腕が前にあると使いづらいので、上腕の筋肉が収縮して
腕を引くような感じになると、左図のように上腕骨が傾く
ので肘をはさんで少し「く」の字になったようになります。

腕の使い過ぎが原因になり、上腕二頭筋が収縮した
状態で硬くなり曲がっている人もいます。


 次は、肩のゆがみとむくみの関係について考えてみます。
片方の肩が歪んでも腕はむくむときがありますが、左右の肩が体に
くっ付いた感じになっている人の場合は、腕がむくんでいます。


左図は、肩周りの筋肉が緊張して上腕骨が体幹にくっ付いたように
なっているときと、正常な位置のときのようすを簡単に描いてます。

肩周りの筋肉の解剖学的な説明をすると難しくなるので、ここでは
省略します。でも、筋肉が緊張すると体の方に引っ張られて、腕が
くっ付いた感じになるのはイラストを見れば想像できますよね。

ちょうどカタカナの「ハ」の字のように見えますね。横から見ると「く」
の字で、前後からは少し「ハ」の字になったように見えます。

このような状態が長く続くと脇の下の血液とリンパ液の流れが悪く
なり、滞った結果として腕が浮腫んでしまいます。

こちらも筋肉の緊張と疲れが重なって、少しづつ歪んできて浮腫ん
でしまうので、太ったと勘違いしていまう人がいます。

本当に太っている人もいますが、肩のゆがみを直すと腕のむくみが
なくなって腕が細くなる人もいるからです。

左図では、肩幅が広がるような感じに見えますが、肩の位置が正常
になるだけで、身体の幅は変わらないので見た目はよくなります。

肩周りの筋肉が緊張して浮腫んでいる場合は、腕のむくみがとれて
腕がスッキリと伸びて自然体になるからです。

カラダのゆがみと筋緊張 施術案内 HOME
Copyright © 2004 アサヒナ指圧鍼灸院/筋膜リリース研究所