アサヒナ指圧鍼灸院 筋膜リリース研究所 8motion.net

 筋膜に対してのアプローチについて

 この頃、筋膜という用語が雑誌とかにも載るようになって
筋膜リリースという専門用語もネットで見ると、スポーツ系
からエステ系まで幅広く使われているようです。

筋膜リリースは、もともとアメリカで始まり主に治療系で行わ
れていた技術です。

アメリカでも色々な流派の人達が行っているので、どれが
良いかというのも個人の考え方によって違ってきます。

 ここでは、筋膜に対してのアプローチについて考えてみた
ので、簡単なイラストを入れて説明していきます。

筋膜いう用語の説明は、他のページでしているので、アプローチの
仕方を簡単に説明しようと思います。

筋膜をリリースするためのアプローチで、まず始めに考えることは
どの部分の筋膜に対してアプローチするかです。
表面の筋膜なのか深部の筋膜なのかで、アプローチは変わります。

左図は、深部と表面の筋膜にアプローチしているようすを描いて
います。肘を使って体重をかけてゆっくりと行うと、深部まで圧が
届くので、深い部分の筋膜の緊張を緩めることができます。

手の平を使った方では、あまり体重をかけてないので表面の筋膜
にしか圧が届いていません。
表面の筋膜に対してウォームアップ的に行うなら、
左に紹介している棒がお勧めです。
アメリカでは、スポーツを行う前や後に筋肉のケア
のために使っている人が多くいます。
 上図では、手の平を使って行っている方が表面の筋膜に対し
てのアプローチになっていますが、それは身体に当たる面積が
広いのと重さがあまり掛かっていないためです。

手を使った方法でも右図のように指を立てて身体の下に入れた
方法では、深部の筋膜にも時間と共に圧が掛かっていきます。

上図は、うつ伏せの人に上から行っていると仮定しています。
そして、右図では仰向けの人に対して手を下に置いたと仮定
しています。

右図では、手を使ってますが指を立てているので、身体に当たる
面積が狭くなり、相手の身体の重さで圧が深部に浸透していき
ます。

指が丈夫じゃないと相手が重い場合は、圧が深部に浸透する
前にギブアップになってしまうときもあります。
 上右図の丸は、ストレッチポールや左に紹介しているようなポール
を使った場合のようすを描いてます。

今までの説明で分かったと思いますが、ポールを使った方法では身体
に当たる面積が広くなるので圧が表面に均等に伝わってしまい、深部
の筋膜の緊張には届きづらくなります。


そうなると身体に当たる面積を狭くして持続的に圧をかける必要が
あるので、ポールよりもボールの方が当たる面積は狭くなり、使い方
しだいでは深部の筋膜の緊張を緩めることができます。

左に紹介しているのは、アメリカ製のマッサージ用のボールです。
テニスボールもよく使われています。
上に乗ってコロコロ動けば、圧が浸透しないので表面の筋膜が緩み、
30~90秒動かないで圧が浸透してからずらす(滑らす)ように動くと
深部の筋膜も緩んでいきます。


カラダのゆがみと筋緊張 施術案内 HOME
                   Copyright © 2004 アサヒナ指圧鍼灸院/筋膜リリース研究所