アサヒナ指圧鍼灸院 筋膜リリース研究所 8motion.net
 基質の性質とチキソトロピー(揺変性)について

基質とは、動物の結合組織にある細胞間物質のことです。

 基質は、卵の白身のような粘り気のある透明な液体で、結合組織細胞
すべてを包みこんでいます。人体に加わるショックの分散や組織の移動を
防ぎ、人体の中の潤滑剤のような働きをしています。

基質は、冷たいときはジェル状で温めるとオイル状に変化して、動きが
滑らかになります。


ここで、人体を構成する組織について説明します。

人体は、4種類(筋組織、神経組織、上皮組織、結合組織)の組織で
すべて構成されています。

その中の結合組織は、3つの成分から成り立っています。
コラーゲン繊維、エラスチン繊維、そして基質で出来ています。
この3つの成分は、人体の基本成分で混ぜ合わせ方によって骨や血液、
腱、靭帯、筋膜などの結合組織を作ります。


チキソトロピー(揺変性)とは?

 揺変性とは、単にかき混ぜたり、振り混ぜたりすることによってゲル
(ジェル)がゾル(オイル)に変わり、またこれを放置しておくと再びゲル
(ジェル)に戻る性質のことを言います。

基質が液体(オイル)の状態では、動きやストレッチが滑らかになり、
栄養や細胞の老廃物の交換が効率よく行われます。
ケガや年を取ると基質は、ゲル状(ジェル)になります。


この性質を理解すると手技で体を整えるときに役に立ちます。
圧をあたえたり、温めたり、ストレッチ(伸ばす)よって、結合組織の間に
ある基質がオイル状に変化するからです。

指圧で硬結(ツボ)が溶けるのも、この性質によってではないかと思います。


 
<トリートメントの基礎になる人間観>
・足がスッキリ伸びる秘密 ・ツボを探す方法と練習 ・筋膜のアンワインディング
・テンセグリティー構造とは ・基質とチキソトロピー ・静水圧について

カラダのゆがみと筋緊張 施術案内 HOME
                    Copyright © 2004 アサヒナ指圧鍼灸院/筋膜リリース研究所