筋膜に対してのアプローチについて

 この頃(2015年記述)、筋膜という用語が雑誌とかにも載るようになって、筋膜リリースという専門用語もネットで見ると、スポーツ系からエステ系まで幅広く使われているようです。

筋膜リリースは、もともとアメリカで始まり主に治療系で行われていた技術です。アメリカでも色々な流派の人達が行っているので、どれが良いかというのも個人の考え方によって違ってきます。

 ここでは、筋膜に対してのアプローチについて考えてみたので、簡単なイラストを入れて説明していきます。

筋膜いう用語の説明は、他のページでしているので、アプローチの仕方を簡単に説明しようと思います。

筋膜をリリースするためのアプローチで、まず始めに考えることは、どの部分の筋膜に対してアプローチするかです。表面の筋膜なのか深部の筋膜なのかで、アプローチは変わります。

左図は、深部と表面の筋膜にアプローチしているようすを描いています。肘を使って体重をかけてゆっくりと行うと、深部まで圧が届くので、深い部分の筋膜の緊張を緩めることができます。

手の平を使った方では、あまり体重をかけてないので表面の筋膜にしか圧が届いていません。

 表面の筋膜に対してウォームアップ的に行うなら、下記に紹介している棒がお勧めです。アメリカでは、スポーツを行う前や後に筋肉のケアのために使っている人が多くいます。