アサヒナ指圧鍼灸院 筋膜リリース研究所 8motion.net

 カラダのバランスについて!

 カラダのバランスと健康について考える前に、バランスについての復習をした
いと思います。
ここでは、棒を使っての簡単な実験を思い起こしてください。最初の実験は、
砂浜でよくやる棒倒しについて考えてみましょう。


 砂浜で棒倒しをやるには、まず棒をまっすぐに砂の山に刺して立てますよね。
この状態で、棒の中心線と重心線が一致していれば棒は立ち続けることがで
きます。そして、順番に両手で砂を取っていきますと、どちらか砂の少ないほう
に傾いてきますね。この状態は、棒の中心線から重心線が外側に出た状態です。

もう少しわかりやすくするために、棒のバランスを例に見てみましょう。
 上の図は、一本の棒をもう一つの棒で横から支えていると考えて下さい。
左側の図は、棒の重心をうまく支えているのでバランスが取れています。
右側の図は、棒の重心より外側にはずれたところを支えているので棒は、
バランスが取れずに回転して落ちてしまします。

*重心とは、重さの中心です。

 上記のことをまとめてみると、重要なポイントは中心線と重心線ということになる
と思います。下図の上側の円は棒を少し拡大して上から見たところと考えて下さい。
左側は、中心線と重心線が同じところにあって重なっているので棒は安定して
立っている状態です。
右側は、中心線(黒丸)から重心線(赤丸)が左側に外れた状態で棒はバランス
を失って、左側に倒れていきます。



 最後にカラダのバランスについて考えてみましょう。
下図は、人体を輪切りにして上から見たと考えてください。左側の図は、中心線
と重心線が一致していてカラダのバランスが取れた状態です。中央の図は、中心
線(黒丸)から重心線(赤丸)が左側に外れています。人間は、棒と違って2本足
で関節(足首、膝、股関節、その他)がたくさんあるので重心線がずれていても
立っていることができます。

でも、そのままの状態でいるとカラダに歪が生まれ、左足が右足より太くなったり、
骨盤にねじれが加わって腰痛になったり、バランスを取るのに頭を傾けて生活を
している結果として、筋肉の緊張から肩首のコリになったりします。

 

 *右側の図は、断面積の広い人(太っている)の図です。太っていたり体重が重くても
   バランスが取れていれば調子が良いということです。反対にやせていてもバランスが
   悪いとカラダが不調になってしまいます。
カラダの歪みを整えて、スッキリ元気な
カラダを取り戻そう!
大切なのは、カラダの中心線と重心線が
一致することです。
ヨガなどをやっている人は、重心の感覚
をシッカリ意識してやることが、美しく健
康なカラダを作るコツです。

<カラダのバランスと仕組み>
・逆立ちで考えるバランス ・カラダのバランスについて ・カラダの歪みと健康
・カラダ(筋肉)の説明書 ・筋膜のユガミと筋肉の関係 ・骨盤の歪みと姿勢 

カラダのゆがみと筋緊張 施術案内 HOME
                     Copyright © 2004 アサヒナ指圧鍼灸院/筋膜リリース研究所