アサヒナ指圧鍼灸院 筋膜リリース研究所 8motion.net
 ツボを探す方法と練習
ツボを見つけるには、ちょっとしたコツがあります。まずはじめにツボの反応に
ついて見てみましょう。

ツボの反応には、硬結(コリ)、圧痛(押すと痛む)、緊張(張りつめている)、
陥下(くぼみ)などがあります。体の表面を軽くなでたり、押してみて捉えます。
ここでは、硬結(コリ)の種類を考えて
みましょう。

まずはじめに指圧の練習でカラダを
触ってみると小豆ほどのコリを指先
に感じるようになっていきます。
そして、もう少し指先が敏感になってくると米粒ほどのコリがわかるようになります。
この米粒ほどのコリを指先で溶かす(押さえる)ことが出来るようになると、指圧や
整体の効果がグッと上がります。

もう一段小さいコリとしてゴマ粒ほどのコリもあります。コリの子供かな?
針の名人は、ケシ粒ほどのコリに針を刺すって言いますから、すごく手先が器用
ですね。

アメリカのオステオパシー医師、故フルフォード博士は電話帳に髪の毛を1本挟んで
何ページか忘れましたが、かなりの数のページの下に入っている髪の毛を当てる
ことが出来たと本に書いてありました。
そこで考えたのがゴマの粒を1つ電話帳に
挟んで、ツボを探す手の感覚を練習する
方法です。
試しに触ってみたら、30ページぐらいなら
結構どこにあるかわかりました。
50ページぐらいになると厚くてわかりづら
くなりました。
 靴の中に小石が1つ入っただけで違和感を感じるんだから、
探そうと想って触れてみるとけっこう探せるものですよ。
時間のある人は、試しにやってみてください。


Contens
筋膜リリースとは
筋膜リリース Q&A
筋膜リリース回答記事
筋肉、筋膜の関係図
簡単に知る、押圧と
牽引・筋膜リリース
ストレッチと筋膜リリースの違い
ツボとスジの関係と
カラダの歪み
歪みの始まり
頭蓋仙骨療法とは
指圧と押圧法
気の流れと経絡
NLPについて






この本は、イラストが
見やすくて、ツボの
位置を覚えるのに役に
立つので、お勧めです。

<トリートメントの基礎になる人間観>
・足がスッキリ伸びる秘密 ・ツボを探す方法と練習 ・筋膜のアンワインディング
・テンセグリティー構造とは ・基質とチキソトロピー ・静水圧について


カラダのゆがみと筋緊張 施術案内 HOME
                  Copyright © 2004 アサヒナ指圧鍼灸院/筋膜リリース研究所