アサヒナ指圧鍼灸院 筋膜リリース研究所 8motion.net

 腰痛を緩和する、テニスボールマッサージ

 腰や臀部に痛みや筋肉の緊張を感じた時に、手軽に行えるテニス
ボールを使ったマッサージの方法を紹介いたします。

テニスボールを使ったセルフマッサージは、トリガーポイントをリリー
スするのにアメリカではよく行われています。ストレッチだけだと伸び
やすい部分だけ伸びて、コリの部分がほぐれない場合があるからです。

軽くテニスボールでほぐしてから、ストレッチをした方が効果的なので
当院のクライアントの方に説明するために簡単にまとめてみました。

ここで説明する方法は、筋肉のコリをほぐして緊張を緩和するやり方
なので、ギックリ腰などの急性腰痛の場合は行わないでください。
一般の方が間違って行うと炎症が広がって、痛みが増す場合がある
ので、ギックリ腰の場合はこちらのページを参考にして安静にする
ことをお勧めいたします。


左イラストのような座位での長時間の仕事や中腰
での作業などが続くと、腰や臀部の筋肉に痛みや
違和感を感じることがあると思います。
長時間に及ぶ筋肉の緊張や圧迫が続くと、血行が
悪くなって、筋肉が酸欠状態になり虚血という症状
になってしまいます。

虚血になると筋肉の細胞に酸素が欠乏した状態
になり、発痛物質が発生してしまい知覚神経を刺
激して、痛みや違和感を感じさせてしまいます。

その状態を緩和するには、コリの部分をマッサージ
して、筋肉に弾力を回復させて細胞に酸素が行き
わたるようにすることです。

 テニスボールを使うと自分の手で行うより、楽で効果的なので腰に
違和感のあるは、試してみることをお勧めします。

効果が出やすく寝ながら簡単に行える部分は、臀部の筋肉です。
上図を見るとイメージしやすいかなと思いますが、股関節から骨盤に
付く大臀筋と中臀筋がほぐすと気持ちいいです。

仰向けに寝て、膝を曲げてお尻の下にボールを2つ置いて、体を動か
して体重の移動でゆっくりと筋肉のコリをほぐします。
腰から背中の筋肉が硬い人は、ボールを2つ靴下かストッキングに
入れて、自分の体の幅に調整して硬い部分をほぐすのも良いと思い
ます。
足裏の筋肉をほぐすのもお勧めです。足裏の感覚に左右差がある
場合は、緊張している側をシッカリとほぐして左右差を無くしていくと
筋膜の連鎖で腰の部分の緊張も緩和されていきます。
 左図と下図は、トリガーポイントリリースのページで描いたもの
ですが、腰痛の人が緊張しやすい筋肉のポイントなので、こちら
にも紹介しておきます。

お尻とふくらはぎをほぐすと脚の血行が良くなって腰痛が緩和して
いきます。足裏と一緒に行うと効果があります。

   

カラダのゆがみと筋緊張 施術案内 HOME
                    Copyright © 2004 アサヒナ指圧鍼灸院/筋膜リリース研究所