アサヒナ指圧鍼灸院 筋膜リリース研究所 8motion.net

 O脚と骨盤・下肢の歪み、筋肉の緊張について



 筋肉と姿勢の関係についての説明は、腰部と骨盤の傾きのページや
胸背部と首肩の傾き骨盤の傾きと姿勢についてなどのページで述べて
いますのでここでは省略します。

下肢の歪みの解説の前に、右図(傾いた棒)の説明だけ簡単にします。
対になる筋肉の片方が緊張すると他方は弛緩して、間にある骨が引っ張ら
れて傾くことを表したイラストです。

下記のイラストを見ながら、下肢の歪みやO脚と骨盤の傾きなどについて
考えてみましょう。





 まず、はじめに下肢の歪みで気になるのが左図の
O脚と右図の X脚だと思います。

太ももの外側の筋肉が緊張して硬くなって膝が開いて
しまった状態がO脚で、内側の筋肉が緊張して閉じた
状態がX脚と言われています。

男性や年配者に多い、ガニ股の場合は骨盤が後傾
して骨盤の上側の腸骨が開いた状態で、膝が外側に
向いて曲った状態です。

*男性と女性の骨盤の違いは、骨盤の傾きと姿勢のページに
 簡単にしているので参考にして下さい。


左図は、一般的な筋肉の緊張によるO脚ですが、若い
女性に多いO脚は、内股O脚になります。内股なのに
足の間が開いてしまう状態です。

女性の骨盤は、赤ちゃんが産まれて来る場所なので、
柔軟性があり男性とは違った歪み方をします。







女性の骨盤は、男性とは違い少し前に傾いています。

ところがあまり前に傾きすぎると左図のような出っ尻の
姿勢になってしまいます。腹筋がゆるむとお腹ぽっこり
になる場合があります。

左下の図は、骨盤のうなずき運動を簡単に表した図です。
仙骨と腸骨の関節を仙腸関節といい、骨盤は仙骨と腸骨
そして、坐骨と恥骨が合わさって構成されています。

骨盤のうなずき運動とは、仙骨が前におじぎをすると尾骨
が後ろに反って、翼状の腸骨が内方に引き寄せられて、
坐骨結節が外方に広がる動きのことをいいます。

骨盤には、開いたり閉じたりする動きがあるということです。

ここで、問題になるのが右側の図のように、骨盤の前傾が
強くなり、坐骨が外方に広がってしまった場合です。

股関節も広がり、太ももが内旋して内側を向き、横から
見ると膝が後ろ側に反った状態になってしまします。

*女性は、ホルモンの関係で多少、膝が反曲しています。





前から見たと仮定した図が、左側の図になります。

骨盤が横方向に広がり、股関節(上線)と坐骨(下線)が
開いてしまい、結果的に膝が内側に向いた内股のような
感じなのに、足の間の隙間が広くなりO脚のようになって
しまいます。

左上の図のような、太ももの外側の筋肉の緊張によって
出来たO脚と違い、広がった骨盤を元に戻さないと治らな
いタイプのO脚です。

男性に多いガニ股O脚は、骨盤が下がって(後傾)膝が
開き、横から見ると膝は前に曲がった、くの字になっていま
すが、女性に多い内股O脚は、骨盤が前傾して出っ尻ぎみ
になり、坐骨と股関節が広がり、足の間が開いてた状態に
なります。


次に問題になるのが、足首と膝関節の歪みです。

左下の図のように、足首と膝が歪んだ状態でO脚になった
と思われるケースです。O脚が原因で膝や足首が歪む場合
もあります。


靴裏の外側が減る人に多い足首の歪みは、内反といわ
れる状態です。

左図のように膝から下にある2本の骨と足首の土台になる
骨が歪んでしまい、外くろぶしが下がった状態で傾くと膝の
関節も歪んでしまい外方向に開いてしまいます。

はじめは、小さな歪みでも外側に体重が掛かる癖がついて
しまうとO脚気味になり、骨盤まで歪んでしまいます。

両足が歪むとO脚になりますが、片足だけ歪んだ場合は
D脚になります。X脚方向の歪みで片足の場合は、K脚に
なっている人もよく見かけます。

カラダのゆがみと筋緊張 施術案内 HOME
Copyright © 2004 アサヒナ指圧鍼灸院/筋膜リリース研究所