アサヒナ指圧鍼灸院 筋膜リリース研究所 8motion.net

 慢性筋肉疲労について

 私が慢性筋肉疲労という言葉と聞いたのは、ずいぶん前の
話になりますが、右下に紹介している本を読み知りました。
そして、1995年に福増氏(故人)の講習会に一度参加して
みました。

当時の私はまだ若かったので、あまり疲労で困ってもいな
かったので、慢性筋肉疲労のメカニズムには興味がなく、
触手療法というものがどのような治療法なのか見たくて
東京にあった全生医療道場というところに行きました。

前半が福増氏の講話でしたが、心臓外科医の経歴があり
アメリカで人工心臓の研究に携わっていた方だったので、
心臓と血液循環の話が当時の私にはちょっと難しく感じ
ました。

そして、後半に実技の時間がありましたが、2人組になって筋肉と解すのですが決まっ
た方法はなく、福増氏が講習生の筋肉を解している様子を見ましたが、指圧をやって
いる私には、指圧や按摩とどう違うのかが見ただけではわかりませんでした。


私が講習を受けた当時は、医師を辞められ得度され
た後だったので頭を丸められていて、作務衣を着て
いました。
大きな手で前頚部の筋肉を解している姿が印象に
残っております。

あれから何年も経ち、自分の筋肉の疲労がなかなか
回復しなくなったのと、施術を受けた方の回復速度に
差があるので、慢性筋肉疲労について考え直してみ
ることにしました。



◆ 慢性筋肉疲労のメカニズム

福増氏の仮説による、慢性筋肉疲労による病気の
原因は大きく分けて2つあります。




自律神経の誤作動と血液・リンパ液の鬱滞(うったい)による病的症状の
発生になります。ここでは、循環系の異常について考えてみたいと思います。

左図は、筋肉が疲労して硬くなりリンパ管を圧迫してリンパ液の流れが鬱滞
した様子を描いたものです。

心臓がポンプ役となって流れてくる血液は動脈血と呼ばれ、酸素や栄養素を
全身の各組織の運んでいます。
末梢部分で毛細血管となり筋肉に入り込んで酸素や栄養素を供給して、こん
どは二酸化炭素や老廃物を受け取って静脈を通って逆流(還流)されます。

毛細血管の部分で、血液成分のうちの水性の血漿(組織液)が血管からにじ
み出ます。組織液が酸素や栄養素を各細胞に供給して、二酸化炭素や老廃物
を血管に戻す調整役をしているそうです。

役割を終えた組織液や余剰の組織液がリンパ管に入りリンパ液になり、胸部
や鎖骨下で静脈に吸収されます。

*リンパの役割は、排泄機能と免疫機能があります。リンパの流れが滞ると、余分な水分や
老廃物、毒素が体内に蓄積さて、免疫機能や栄養素の取り込みが異常になり、むくみや体調
不良の原因になります。



動脈血が心臓のポンプ作用で流れるのに対して、静脈とリンパ管は
骨格筋の収縮作用がポンプの役割をしているため筋肉が「第二の心臓」
と呼ばれています。


その筋肉が慢性疲労になって硬くなった状態になると上記の理由から
体調不良や病気の原因になってしまうということです。

慢性筋肉疲労を起こす原因で問題になるのが、精神的ストレスによる
筋肉の緊張です。健康に生活するには、なるべくストレスを溜めないよ
うにしましょう!

* 静脈を通って流れてきた二酸化炭素は肺でガス交換されて酸素を吸収して動脈を
   通って還流されます。老廃物は、腎臓で濾過されて膀胱を経て尿となって体外に
   排泄されます




  



カラダのゆがみと筋緊張 施術案内 HOME
Copyright © 2004 アサヒナ指圧鍼灸院/筋膜リリース研究所