前腕の筋肉の緊張と痛みについて 

 手首と肘に痛みが起こる症状はよくあることのなので、どのような状態のときに痛みや不快感が発生するのかを考えてみたいと思います。

まず、考えられることは腕の筋肉が凝っている状態です。筋肉が凝って弾力が無くなっているときは血流も悪くなり、疲労物質も滞ってしまい不快感が発生してしまいます。

このような状態のままにしておくと、筋肉の伸び縮みが悪くなってきてムリに動かすことによって筋線維にキズがついてしまうとトリガーポイントと言われる、痛みの引金になる筋肉のコリが形成されてしまいます。

トリガーポイントの説明は、こちらのページを参考にしてください。

 左図は、前腕の内側の筋肉と骨のようすを簡単に描いたものです。

前腕の屈筋の走行は、主に肘から始まり手の平の骨や指の骨まで伸びています。この屈筋群の収縮活動によって、モノをつかんだりパソコンのキーボードを叩いたり、もっと細かな作業まですることが出来ます。

考えてみると、人間だけが自由に手や指を使いこなしているということですね。だから手や腕が疲れるのかな?

肘と手首の痛みで一般的なのが、テニス肘と手根管症候群になると思います。ゴルフ肘と言われる症状もありますが、テニス肘の方がよく聞くような気がします。

テニス肘とゴルフ肘の違いは、テニス肘が肘の親指側に痛みを発生して、ゴルフ肘が肘の小指側に痛みが出る症状だと言われています。

手根管症候群は、人差し指、中指を中心に親指と薬指の親指側に痺れと痛みが起こります。

 ここで、どのような状態の時に、肘や手首に痛みや痺れが起こるのかを考えてみたいと思います。

右のイラストは、腕の筋肉を収縮させたようすが描かれています。筋肉を収縮させると、筋線維が緊張して短縮されて硬い状態になります。力のない人は、あまり硬くなったように感じないと思いますが、それでも筋肉は緊張と短縮された状態になっていると思います。

筋肉が緊張して短縮された状態が続くと、筋肉に弾力が失い先に述べたようにトリガーポイントが形成されてしまいます。

そして、前腕にある2本の骨の動きと手首の骨の動きが悪くなってしまいます。

上の写真は、肘が回内された状態です。

前腕の動きで重要なのが、回内と回外という腕を内外にねじる動きです。腕の筋肉が緊張して、ぱんぱんに張っていると回内する動きが出来なくなってしまいます。痛みや不快感の原因になります。

簡単な調べ方は、手の平を上に向けた状態で肘から少し上の部分を掴んだ状態で、手を内側に回転させます。腕の筋肉が柔らかければ、簡単に手の平は下に向きます。筋肉が緊張して硬くなっていると、90度ぐらい回転したところで動きが悪くなって、筋肉が肘に引っ掛かったように感じます。

手首の硬さを調べるのは、前後に手首を曲げる動きです。前腕の屈筋が固いと手を反る動き(伸展)が悪くなります。手首の緊張が強くなると、手根骨や中手骨などの細かい関節がズレたり固くなってしまい痛みや不快感を発生させます。

説明が長くなりましたが、肘や手首に痛みを発生させないためには、腕の筋肉を柔軟な状態に保つことと、関節の動きがスムーズな状態にしておくことです。

手の痛みと手根管症候群についての説明は、こちらのページ です。