筋膜のアンワインディングとエネルギーのたんこぶ

 筋膜のアンワインディングとは、ほどく(解く)動きのことです。筋肉を使ったテスト法は、Oリングテストやキネシオロジーなどで知られていますが、筋肉を包んでいる袋(筋膜)の性質は、一般的にぜんぜん知られていませんね。

筋膜には、おもしろい性質があります。アメリカでは、筋膜組織が過去の心体状態をカセットテープのように記憶することが出来ると考えられています。

事故や精神的なショックなどの外的なエネルギーが筋膜組織に吸収され記憶されると考えられています。筋膜は、脳細胞以外の記憶装置の役目をするということです。そのことはアメリカで、ティッシュメモリーと呼ばれています。

筋膜は、立体的なネットなので多面的に外的なエネルギーを保存していて、アンワインディングの状態に入ると、体が自然に事故を受けたときの体勢になることがあります。

その状態になると保存されていたエネルギーが再現され体が熱くなって、体外に過剰なエネルギーが排泄されていきます。

過剰エネルギーが排泄されて、筋膜のねじれが取れると体が本来の状態になり、自然治癒力が働きはじめます。

アンワインディングとは、ほどく動きのことなので手足を軽く支えてあげて、重力のかからない状態にしてあげると、受者がリラックスした状態のときに自然にほどく動きが起こります。

野口整体で行われている、活元運動などもこの動きと同じだと思います。

そして、エネルギーのたんこぶ(塊)とは、外的な傷害によって体の中に残された外的なエネルギーのことです。クレニオセイクラルセラピーでは、エナジーシストと呼ばれています。

クレニオ・セイクラル・セラピー―ナチュラル・ヒーリングの試金石

肉体のたんこぶは、時間と共に治っていきますが、エネルギーのたんこぶ(塊)は、無意識の感情と共に体の中に残ってしまうことがあります。
ちょうど真空パックのように保存されて、体に不快感や痛みを慢性的にあたえてしまいます。

このエネルギーのたんこぶ(塊)を解放するのも、アンワインディングという筋膜の動きなのです。

人間の体には、まだわかっていない不思議な機能があるということです。